Webライター

沖縄で活躍しているWebライターとは

Web会社や広告会社で働いているライターのほか、フリーで業務委託を受けている人もいて、Webライターの勤務スタイルは枠にとらわれない自由さがある職種です。ライティング能力を認められることが大切なので、経験に甘えず学び続ける人が大成する職種と言えるでしょう。

Webライターの仕事内容

Web上に掲載される文章(テキスト)をライティングするお仕事で、企業の商品サイトや広告サイトにある記事、と言ったらわかりやすいでしょう。インターネット上にあるすべての文章はWebライターの手によるもので、さまざまなジャンルの文章を書くチャンスがあります。

ライティング対象は商品だけでなくサービスや情報、美容関係から医療、建築など無限。オールマイティにお仕事をするか、分野を特化するかさえ自由に選べますよ。

Webライターとして活躍するためには、サイトのテイストに合ったフォーマルな文章を書けるのが必須条件。ブログや個人サイトとは違い、ある程度の法則に従ってライティングしています。適切な文字数でもっとも効率よく魅力的に情報を提供する、それがWebライターのお仕事です。

未経験が知りたい!Webライターのやりがい

世の中のWebサイト上に自分が書いた記事が掲載される。SNSが浸透しているいま、たいしたことがないように思われるかもしれません。しかし、自分のためにではなく誰かのために文章を書く、その文章があらゆる人の目に触れる場に掲載される。文章の良し悪しで、商品や企業のイメージに変化が起きるライティングのお仕事は、一見地味に見えて実はもっとも力強いアプローチ方法です。

自分が書いた記事でクライアント様の集客数が増えたと教えてもらったときは、なんとも言えない感動がありますよ!言葉の力強さを日々実感できるお仕事です。

Webライターに向いているタイプ

言葉を紡ぐことが好きな人に向いています。文章を書くだけでなくしゃべる言葉にも興味がある人は、Webライターとしての特性をすでに身につけていると言えるでしょう。

例えば「雨」を表現する言葉。季節や雨が降ったときの心情を表現する情緒的なもの、色や降水量によって変わるもの、方言などを含めたら数えきれません。そういった言葉の使いわけは、文章表現には欠かせないものであり、同じ言葉を重複しないように気をつける日本語文化は、Webライターのお仕事でも変わりません。

今は得意でなくても、ライティングの仕事を通して表現の豊かさに魅力を感じる人は多いです。気楽に「作文が得意だった」「本を読むのが好き」からスタートすると、眠っていた才能が目覚めるかもしれませんよ。向き不向き関係なく、まずは挑戦してみましょう!

未経験者は要チェック!Webライターになるには

Web会社に勤める

最初はWebライターを採用している会社に入ることがおすすめです。Webライティングはただ文章を書けばよいわけではなく、文章構成や法律・社会規範に基づいた表現など気をつけなければいけないポイントがあります。

それを独自で学ぶのは意外と大変ですし、法律が変わるたびに柔軟に対応する必要性も。Webライティングをしたことがないという人は、まずはWeb会社で学びながらライティング能力を育てるのがおすすめです。

個人事業主としてライティングする

ほかにはフリーランスで活動する手があります。ライティングのお仕事をゲットするために、自ら売り込みをする必要がありますが、最近だと委託ライターを募集しているところもどんどん出てきています。ただしライバルが多いのがネック。一人前のWebライターになりたいのに書くチャンスがなかなか巡ってこないことも。紙媒体や個人サイトでの実績など、まったくの素人でないなら可能性は無きにしも非ずです。

Webライターに必要な資格

母国語が日本語でない人でもWebライターになれる時代。必須の資格はありません。
ただスキル(能力)として、正しい日本語を扱えることは必須です。自分の日本語能力に自信がない人は、日本語検定や漢字検定といった民間資格を受けてみると良いでしょう。
第二言語をもつ人は、お仕事を受けやすくするためにその言語のレベルを図っておくと良いでしょう。TOEFL®や漢語水平考試(中国語)、APEF(フランス語)など、日本国内で受けられる資格は多数あります。

似たようなケースで、仕事や趣味に関する資格を明示できる状態は有利です。医師や薬剤師、通関士、自動車整備士といった、一見Webライターのお仕事に関係のないものでも、その方面のライティングを依頼したいときには強力な武器になります。

どの分野をライティングするかわからないので、資格取得とまではいかずとも常に多方面にアンテナを立てておくと良いですよ。

【沖縄版】Webライターの平均給与(一例)

  • Webライター:1,000円

Webライターの未来

これからどんどん必要とされるお仕事

Webライティングのお仕事を募集しているところはたくさんあります。しかし、ライターを育てる観点でお仕事を依頼している会社は多くなく、「任されたはいいがどう書けばよいかわからない」「いつの間にか発注が来なくなった」という声もあるのが事実です。

人材育成に力を入れている全研本社沖縄オフィスなら、基礎をしっかり学べる上に、ライティングの現場を体感しながら上昇することができますよ!これからWebライターを目指す人や再度トライしたい人は、ぜひ先輩たちの生の声を聞いてみてください。

Twitterフォロワー2桁から月間100万PVのWEBライターに! Webライター

Webライター

文章しか書けない私でも、WEBライターとして世界中の人々の未来を創造できる WEBライターの仕事は、WEBサイトに掲載する記事を執筆すること。ユーザーが知りたいことに答えるために、さまざまな事柄を調べて、分かりやすく読みやすいコンテンツに仕上げていきます。 でも、ただ文章をつくるだけにとどま…
タイトルとURLをコピーしました